蔵王山麓、四季折々の自然につつまれた宿、最上屋旅館

宮城県鎌先温泉日本秘湯を守る会。掛け流し温泉


神経痛、間接痛にきく、宮城県鎌先温泉最上屋旅館の掛け流しお風呂


鎌先温泉は

最上屋旅館の温泉は掛け流しです

南蔵王の山麓に抱かれた奥羽の薬湯として、六百年以上も親しまれてきた鎌先温泉。 仙台城主・伊達政宗や、白石城主・片倉小十郎も訪れたと云われております。 温泉神社には湯治で治った人が置いていった杖などが沢山奉納されてきました。


最上屋の湯

「奥州の薬湯」と呼ばれる最上屋の茶色のにごり湯は、鉄分を多く含んだ食塩泉で、 ぬるめですが、湯上り後に大変温まるお湯です。 当館では昔ながらの温泉のあり方にこだわり、この良く効くお湯を加水も循環もせず、? 贅沢に使っております。効果は折り紙付です。

お風呂は24時間ご利用頂けます(但し清掃の時間を除く)

展望風呂の他、家族風呂、貸切風呂がございます。 展望風呂の他、家族風呂、貸切風呂がございます。

本館4階「展望風呂」

神経痛、間接痛に効果のある掛け流しの食塩泉

只今旅籠プランに限り、貸切家族風呂として無料でご利用頂いております。(旅籠プラン以外は有料となります。混雑時は旅籠プランの方を優先させて頂きます。)
ご予約時に必ず展望風呂ご利用の予約をしてください (ご予約なき場合、ご利用が出来ない事があります。ご注意ください)

泉質/含芒硝食塩水(暖和性低張泉)
効能/神経痛、リウマチ、火傷、むちうち症、冷え性、切り傷、手術後の回復等最上屋の湯は鉄分を多く含んだ含芒硝食塩水、源泉かけ流しの茶色のにごり湯です。 湯上り後も大変温まり湯冷めしにくいのも特徴で、神経痛や関節痛はもとより、冷え性や手術後の回復期、切り傷や火傷にも大変効果がございます。

自慢の湯を心ゆくまで ごゆっくりお楽しみください

loven白石

パンフレットのいんさつはこちらから

最上屋便り